・Yutaka Oono

22歳の時に漫画『孤高の人』のワンシーンからクライミングに出会う。当初は登ることの楽しさからのめり込んだが、続けている中で課題を達成できるよう、自分自身でアプローチの方法を試行錯誤していくことが、仕事や生き方にも繋がると感じるように。登ることで身体作りやメンタル面への変化も登る楽しさの一つ。続けていくなかで様々な気づきをもたらせてくれるクライミングを1人でも多くの人に楽しんで貰えたら、という想いを胸に日々奮闘中。また、秩父三峰からとっているTHREEPEAKSの名前にも現れているように、岩場の魅力も伝えていきたいと考えており、インドアだけでなく外岩でのサポートにも精力的に取り組んでいる。

・クライミング歴9年 ボルダー最高グレード4段

・主な高難度課題 小川山 Rampage 三峰 伊舎那天 赤城 オーメン

 

・Hayato Kawada

・通称『川P』

先輩からの誘いでクライミングに出会った少し照れ屋な22歳。内気に見える外見とは裏腹に、冗談を言うユーモアに富んだ性格の持ち主で、その面白さと小さな体躯から子供にも(おもちゃ扱いされ)人気がある。実は社会人になりたてでちょっとズレてる面を接客やお客さんとのプライベートを通じて改善中!お客さんが課題攻略に詰まっていればアドバイスや野次をとばしてモチベーションを上げ、楽しく登り切ってもらうことを心掛けている。クライミング歴は現在2年でインドアとアウトドアで初段を登ることを目標に絶賛奮闘中!

川Pより
まだまだ未熟者ですが精一杯皆様のフォローをさせていただきたいと思っているので宜しくお願いします。